Welcome to my blog

混乱の戦国時代から、260年も続く泰平の江戸時代へと奇跡の転換を実現した
日本が誇る偉人・徳川家康公の素晴しさを皆もっと称えるべき!
・・・と言う事で、ブログを開設しました
主に家康公語り、縁の地めぐり、イラストetc。

暁の空

18
2018  10:40:00

徳川家康公誕生の地、岡崎旅行【その7・松平元康大樹寺を立つ・八丁味噌カク久の工場見学に参加・八丁味噌の危機!の三本でお送りしま~す】

 えんぴつ目 次 
 1.…岡崎城で異変発生
 2.…八丁味噌カク久に行ってきました
 3.…農林水産省、老舗八丁味噌を除外の怪がくぶる顔文字

若かりし家康公の足跡を追いつつ、岡崎旅行をしているミカ&タケオです!顔2笑顔 現在大樹寺に来ております。
ブログ的なここまでの流れ
5月19日 桶狭間で今川軍の総大将今川義元が織田信長の軍勢に打取られる
5月20日 大高城から深夜に脱出し、松平家菩提寺の大樹寺に逃れる

そして、永禄3年(1560)5月23日。
3日ほど大樹寺に泊まっていた松平一党に何やら動きがあるようです!
岡崎城で異変発生
5月23日
大樹寺出発

天文18年(1549)松平家当主の松平広忠が亡くなり、織田家から取り戻された元康が今度は今川家の人質となって、当主不在の岡崎がほぼ今川家の植民地となってから、11年。
永禄3年(1560)の5月23日のこの日、どうやら今川の代官たちが岡崎城から出る動きをみせた。
それを受けて元康率いる松平勢も大樹寺を後にした。

タケオ!私たちも追いかけるよ!目指すは岡崎城!

ちょ、ちょっとまったぁ~・・・また岡崎城まで歩いていくの?

むろんでござる。足軽部隊ですから。草履吹き出しキラキラ

いやぁ!ここまで歩くのに1時間かかってるんだから帰りは文明の利器使おうよ~。

スマホで調べたら スマホ小 ここから 電車-赤愛知環状鉄道大門駅まで徒歩16分だからー。

これ乗ろうよぉぉぉ。途中に八丁味噌の郷もあるよ!和食 ほら。手下むき


ぐぅ~・・。確かに、八丁味噌食べたい。
鹿さんと家康様一行が渡った矢作川も近いし・・・。

ということで、電車に乗る事に。
大門駅から八丁味噌の郷最寄の中岡崎まで5分で着いた!顔2笑顔 電車正解ス!手グー キラ黄色 
八丁味噌のカクキュー
到着はAM11:40
電車を降りてすぐ、まるや八丁味噌の工場見学案内の看板が見えたのですが、丁度、お昼休憩時間だったので、取りあえずそのまま線路沿いに進みお隣のカクキュー カクキュー へ。

カク久大ところでなんと、この老舗2社は 
 刀 桶狭間の戦いにも関わりあるのだそうです。

まるやはカクキューより創業が先で、醸造業としては南北朝時代から創業し、「戦陣にぎり」というまるやの兵食を松平勢が桶狭間に持って行っていたのだとか。
そして、 カクキュー はというと、桶狭間の戦いには今川家の家臣であった早川家の初代 新六郎勝久も出兵していたのですが、今川義元が討死すると 顔魂抜けた吹き出し汗2 そのまま武士を辞め、久右衛門と改名し岡崎に隠れ住むようになったのです。

その後、数代目の子孫が八丁味噌を作りはじめ、正保2(1645)徳川将軍は家光くんの時代に カクキュー を創業し、現在19代目の早川久右衛門キラキラ3さんが代表を務めているのです。名前も代々受け継いでいるのですって。
うぉーう!顔2ビックリ歴史ってすごいですね!ロマンですね!
桶狭間がなかったら カクキューもなかったと思うと感慨深いものがあります。
しかしこの時同じ現場にいた家康様が武士を辞めなくて本当によかった~。顔2笑顔吹き出し音符テヘ

写真にある本社は昭和2年に建てられたもので、国の登録有形文化財に指定されています。
外観は西欧のバシリカ式教会堂様式。濃茶色の壁と白い柱のコントラストは洋風なようでいて、日本の蔵を思わせるような趣もあり、ステキなモダン建築です。

フィルム  
パンケーキ&ピザトーストさて、カクキューの工場見学もお昼休憩中だったので、13:00からの整理券を貰って、腹ごしらえに向います。

カク久八丁村といううどん・カフェ・元祖鉄板焼きカレーなどのフードコート的なお食事処が併設されていましたので、そちらにGO

八丁村・Q to CAFE(キュートカフェ)でほっと一息。にわとりと卵アイコン

ミ カ 矢印2 ベリーとバナナのコロコロパンケーキとソイジュースのセット ¥850
タケオ 矢印2  ピザパン ¥580
(たぶんタケオは他にも麺ものを食べていた気がしますが、あまりの早さに何を食べてたのか見えませんでした・・・顔は?
コロコロパンケーキと添えられたアイスには、味噌が隠し味として効いているようで、ほんのり甘じょっぱく、コクがあってウマーイ!顔2ビックリドキドキハート ・・・ソイジュースは健康によさそうな薄味でミカ的には微妙
タケオのピザパンもチョット食べさせてもらったら、何か美味しかった!(ザックリ。)いやホントにオススメです。
(珍しく写真がメチャクチャ美味しそうにとれたし。手グー星キラ
カクキュー工場見学
PM13:00 工場見学の時間です。

■カクキュー工場見学内容

・所要時間30分 ・ガイドさんの案内付き ・実物大資料館/道具/古文書

・コンニャク田楽とお味噌汁の試食付き ・八丁味噌の小袋お土産付き ・料金:無料 呆顔吹き出しビックリマーク

ミカ調べ:2017年5月29日(月)時点)


この見学会は昭和58年に放映された滝田栄さん主演のNHK大河ドラマ「徳川家康キラブルー

大河ドラマ 徳川家康 完全版 第壱集 DVD-BOX 全7枚セット DVD

価格:19,440円
(2018/3/14 15:28時点)

手上むき  の人気からカクキューも注目され、見学を希望する人が増えた為に見学会を始めるようになり、平成になってからも改修をし現在の立派な資料館ができました。
この日もバスツアーの方々などが来ていて大変にぎわっていましたよ。

ところでNHKさーん!そろそろ平成も終わりを迎える頃になりましたし、そろそろもう一回、日本の英雄徳川家康公を大河でやるべき時期が来てるのではないですか はーと小さい 

さてと。見学だーい。と、ここでカメラの充電が足りなくなるという痛恨の事態に!顔2泣き 
何とか最後の力で撮ったのがコチラの蔵の様子。 手下むき あ、早川さんのご先祖様が映り込んでる!
カク久工場見学
矢作川は味噌を作るための物流に優れているだけでなく、河原の石を重しに使っているそうです。
味噌を醸造する木の樽はものすごく大きくてその中に6トンの味噌を入れ3トンの石で重しをします。
蔵の中には見上げる大きさの樽がびっちりと並んでいて圧倒されます。ここでは実際に今も八丁味噌が作られていて、大豆と塩のみを使い天然醸造で2年以上かけて熟成させるのだそうです。
なんだか有り難い!手拍手

そして実物大資料館の方は、江戸時代にカク久の職人さん達がどのように仕事をしていたかなどを、リアルなセットと人形で見る事が出来ます。
とっても良かったのですが、カメラの電池が力尽きたので、そこは実際に見学に行ってみてくださーい。顔汗
カク久おみやげ ステキなお姉さんがとても親切に案内してくれま~すミニバラキラキラ3
見学が終るとコンニャク田楽とお味噌汁も振る舞われてホクホクです。実は工場見学があるのは現地で知ったのですが、しっかり満喫しちゃいました。顔頬染め

【番外】 瓦版屋から緊急情報!農林水産省、老舗八丁味噌を除外の怪(平成30年3月18日現在)

てぇへんだ!てぇへんだ!
カク久とまるやが農林水産省の陰謀でっ・・・・!

え?なに?なに?何の話?

こ、これ・・・・みて!瓦版!

岡崎八丁味噌かわら版 

瓦版屋トラあっしは江戸で瓦版屋をやっているトラってもんだ、以後お見知りおきを! 
農林水産省のHPで八丁味噌GI・登録の公示(登録番号第49号)を見たぜ! こりゃーおかしいじゃねぇか!ぷんぷん顔


農林水産省 登録番号 第49号 八丁味噌の項目から抜粋 

■定農林水産物等の生産地 愛知県(←岡崎!)

■特定農林水産物等の生産の方法

  「八丁味噌」の生産の方法は、以下のとおりである。

(1)原料  「八丁味噌」は豆味噌であり、その原料は大豆及び塩である。

(2)原料処理・製麹方法 蒸した大豆で直径20mm以上、長さ50mm以上(握りこぶし大!)の大きさの味噌玉を作り、その表面に麹菌を繁殖させて豆麹を作る。

(3)仕込・熟成:豆麹、塩、水を混ぜてタンク(醸造桶)(木桶!)に仕込み、重しをのせて一夏以上(温度調整を行う場合は25℃以上で最低10か月間)熟成させる。(二夏二冬の熟成!温度調整なし!)

重しは、負荷をかけることにより、仕込み・発酵を均一化・安定化させ、味噌タンク(木桶!)中の空気を追い出し、味噌の酸化を抑える目的で使用し、その形状は問わない。(円柱状の天然石を3トン!)


農林水産省のお役人は一体どうしちまったんだい!
伝統の製造をを改ざんしたあげく、歴史的八丁味噌を何百年も守ってきたカク久・まるやをGI認定しないときたもんだ!怒りぴよ吹き出し怒お役人さんは八丁味噌の歴史を地上から消す気かいっ!

まあ、これだけ公になりゃ日本人にはどれが本物か分かるけどよっ。
しかし欧州連合(EU)の経済連携協定ではGIの品目が保護されっちまうからな、カク久・まるやは国際社会で八丁味噌を名乗れなくなっちまうんだ!
酷い話だよ!あっしは悲しいね・・・。顔2泣き
江戸庶民


農水省は地理的表示保護制度導入の背景について特定農林水産物等の名称の保護に関する法律

「ブランドへのただ乗りが行われている実態。

ブランドに便乗し、そのブランドの基準を満たさないものが名称を冠して販売されていた実態がある」て書いてあるてーのに、・・・おい、おい、おい。これじゃあべこべじゃねぇか。しかも農水省の方で基準を書き換えるときた。

顔怒りがーん GIってーのは模造品から本物を守るはずじゃねぇのか?伝統と生産者を守る為じゃねーのか?
かわら版屋2模造品の方を認定して一級の本物を排除しちまうなんて、農林水産省もGIにも信用なんてありゃしねぇっ。

しかも地理的表示やGIマークを不正に表示した場合の罰則が

○個人 5年以下の懲役又は500万円以下の罰金

○団体 3億円以下の罰金 千両箱キラ黄色

て、・・・ボッタクリか~いっ!3億円も罰金取るような上等な制度じゃぁないだろーが。

顔洗って出直して来いってんだ!ヘンッ。顔怒り2

徳川将軍家のお膝元、江戸っ子のあっしとしても岡崎のことは捨ておけねーぜ!伝統を守ってきた職人の足引っ張るならGI認定なんて無い方がマシってもんだ。

そんな農林水産省には家康公の名言をおくってやるぜぃ。

無道の臣に国柄をとらせる時は、政道依怙ひいきあって、諸人君をうとむものなり
(道徳のない者が国を統治すると、必ず依怙ひいきをして人々の信頼を失うものだ)


cake
 ひぇー!家康様ゆかりの岡崎&八丁味噌が 手上むき こんな事になってたなんてショック!
 見学であんなに良くして頂いたのにっ。

カク久、まるやがなかったら八丁味噌の歴史だって消えちゃうんだよぅ。カク久とまるやが排除される八丁味噌なんて、もう八丁味噌じゃないよね!
農林水産省には常・識・で・考・え・て真面目に仕事してほしいものです。カエルぷんぷん
何百年も誠意を持って伝承してきた2社の事を思うと涙なしでは語れませんよぅ。

・・・顔2ビックリ カク久の記事を書き終わったとたん、急に瓦版屋のトラから八丁味噌のショッキングな話題が飛び込んできたものだから、岡崎城に向った家康様たちの動向を見失ってしまいました。
次回、松平勢に追いつきたいと思います。
本日はこの辺で・・・。ペンギン
スポンサーサイト

 歴史探索の旅

 松平元康 徳川家康 岡崎 八丁味噌 農林水産省

0 Comments

コメントの投稿